takashimaの創作ごと

絵のことや日々のこと、あれこれ綴ります 《http://astro-grid.net/》

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

『黄昏の疾走』 

司令官42-6-9 (45)ブログ用

お久しぶりです。昨年以来となりますが、新しいイラストと解説の記事をアップします。


とにかくいろんな要素を盛り込み、できることをまとめてぶっ込みたい欲が出てしまったので、今回の絵は結果的に無駄な要素も多くなってしまいました。

なので今回は、大幅にカットされた背景への未練を供養するための記事でもあります。

テンションだけを頼りにしたスタートした絵は、楽しいけど大変です(わかってたことだろ・・・)。




作品の解説を少ししますと、男女は元傭兵と妖精。

男性は、敵城に単身乗り込もうとする戦士。妖精は、普段は手のひらサイズ。戦闘時は人間大となって共に戦うこともできる、という設定。


男性キャラは、吉田鋼太郎さんのような無骨でかつスタイリッシュないでたちが格好いいなと思って、参考にしました。というか自然とそうなりました。
時代劇での姿もいいですが、吉田鋼太郎さんにはきっと西洋甲冑も似合うはず・・・!(´≝◞⊖◟≝`)


女性キャラはいつものキリっとした感じですが、流行を取り入れようと、前髪をパッツンにしたり、口紅の色を少し強めにしたりしてみました。が、あんまり見えませんな。


隠れてしまった背景の空は、ブラシで青空と雲を描き、上からテクスチャを重ねることによって夕暮れの雰囲気や昔の絵画のような質感を出しました。


また違う機会で、有効に活用したいと思います 三( -_-)

司令官42-6-9 (19)背景の空
司令官42-6-9 (43)背景のみ2ブログ用2
司令官42-6-9 (43)背景のみ2ブログ用


----------------------------------------------------------------------------------------------------


話は変わり、最近ランニングを始めました。
ウィンドブレーカー姿で走る近所のランナーに憧れて、ウェアも購入。
したのですが・・・、開始早々ひざを痛めてしまい、早くも休止状態。

近くの河川敷を、音楽聴きながらまた走りたいなー。
早く治して再開したいです。

いろいろ趣味の幅を広げていきたい今日この頃です。


追記:作品タイトルを『夕暮れの咆哮』から『黄昏の疾走』に変更しました。
スポンサーサイト

お久しぶりです! 

【DARK NIGHT/暗黒騎士】
DARK BLAZE①
【LADY FENCER/女剣士】
DARK BLAZE③
【DARK KING/魔王】
DARK BLAZE②
【HARPIE GIRL/妖魔】
DARK BLAZE④


長いこと潜っていましたが、また戻ってきました。
ツイッターでは少し前から活動を再開していましたが、こちらもそろそろ活動再開といきます。

今年も、7月に東京ビッグサイトで開催される『第4回クリエイターEXPO』に出展いたします。
その展示作品を只今制作中です。

今回のラインナップはほぼ出揃ってきたので、残り約1ヶ月、編集作業に頭のギアを切り替え中です。
また追々展示情報も載せていきますので、今日はこのへんで!

2014総括 

小悪魔18
年の瀬!
今年もあとわずかなので総括的な。

今年は振り返れば自分としては変化の年であり、チャンスをいただいた年でもあり、
今後の課題がわんさと出てきた年でもありました。

絵を描くペースはアナログの頃よりだいぶペースあがりましたがまだまだ。
あとツイッターにはいまだ慣れず苦戦中ですし。
お仕事のマナー、人とのやり取りなど、もっとちゃんとしたい。

まあでも、改めて絵を描きたい、続けていきたいと思って今年、2014年を終えるかたちに
できたのは良かったと思います。

来年は結果を出す年にしたい!

画像、ツイッターに上げた絵の、何段階か前の状態。
改めて見返してみるとこっちの方が勢いがあっていいかも、などと思って載せました。


来年も頑張ります。


皆さんも体調など崩さぬよう年末年始をお過ごしください。
ではでは。
よいお年をー!


アマゾネスさん 

涼風画像統合のコピー
11月になりました。旧暦では霜月といわれる通り、本格的に冬への曲がり角を曲がった感のあるここ数日ですね。
今年も異常気象や自然災害が多かったので、今の気温がはたしてまともなのか、自分では判断つかないのですが、昔は今ぐらいから冬扱いだったんでしょうね。

さてさて最近もツールを研究しながら絵を描いていますが、ラフのストックはあるに越したことはない。と思います。
塗りたいのに肝心の線画がない!となるとすごくやきもきするので、人物の顔だけでもいろんなパターンを準備していると楽かな、と最近わかってきました。

あとはやっぱり色の感覚を養いたいなーと思ってます。
ほんと彩度もコントラストも絵によってブレブレなのはどうにかしたい。

幸い今は絵を見る機会には事欠かないので、すぐに参考になる作品が見つかります。
どんどん吸収して活かしていきたいです。

新作『ZAUBEREI FLAMMEN』制作過程 

閃光11-7統合完成
こんにちは!
相も変わらずバイトと絵の生活を行き来しています。

今回は、また思いつきで制作過程の解説をやってみたいと思います。
とは言ってもデジタル絵描きの多くが知りたいであろう加工や処理の技術はほぼないので、半分以上は自分の回顧用ですが。
この人こんな風に描いてるのね、とどなたかの参考か創作意欲の足しにでもなれれば幸いですー(゜―゜)



①最初に鉛筆画をスキャンします。
最近は顔周りのイメージが決まれば即デジタルへ移行しています。
いきなりデジタルでいくこともありますが。
今見るとラフというか顔と胴体らしきもの、ですね。
当初は「よし、いける!」みたいな手ごたえとともにスキャンしました。
閃光ラフ1-2

②そこから薄く肌色やイメージカラーを置きます。
なんか完成しそう!という淡い期待とともに描き進めます。
閃光ラフ2

③相変わらず背景にこういった模様をチョイスしてしまいます。
いつもと違ったことをしたいと思い、騎士風のヘッドアーマーを付けてみました。・・・が、やめました(笑)
女性性は消してはならない。デザインセンス磨きたいです。
閃光ラフ3

④やはり構図的に、全身図がいいと思い、キャンバスを拡張。
舞い上がるようなイメージで描き進めます。
闘いのさ中、手傷を負い、眼帯を。
炎の形は迷いましたが、レイピアに魔力が付与されてる感じがいいと思い、ここから変更しました。
閃光ラフ5

描きこみ、微調整を経て一番上の完成形へ。

背景は、模様を作る気力が無かったのでフリー素材から満月の写真を使わせて頂きましたf^^;)
一応、絵になじむまで複製して重ねて削って、ブラシで描き足したり加工しています。
慣れてないだけかもですが、仕上げ段階で余裕で一日は飛ぶことを念頭に入れなくては。。

『ZAUBEREI FLAMMEN』は、そのまま「炎の魔術」をドイツ語にしたものです。
なにか文字を入れたいなと思い、「炎」をとっかかりに翻訳サイトの力を借り、その中から厳格そうなキャラのイメージに近いドイツ語を選びました。

タロットカードのようなファンタジックな絵にしました。
ナウシカやジャンヌダルクのような、戦士であり女神的な存在。
お共に小さい動物でもいたら可愛かったかもですね。

ではではっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。