takashimaの創作ごと

絵のことや日々のこと、あれこれ綴ります 《http://astro-grid.net/》

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ワンアクション目の紙の感触がいい 

K3410029.jpg

河の写真ばっかり上げてるわけにもいかないので!
スポンサーサイト

今日も河川敷へ 

K3410023.jpg
K3410026.jpg

今日もめちゃめちゃ良い天気な中河川沿いへ行ってきました。

上は昨日の大川へ分岐する場所の昼間の写真。

下は土手から河川敷に降りて見上げた様子。

帰り道 

K3410014.jpg
淀川から大川(旧淀川)へ分岐する地点で見える夕焼け。

K3410015.jpg
その少し西の地点で見えた変な雲。


ガラケーの荒い解像度もそれなりに味がありますね。


今日もバイト帰りに歩きました。
ちんたら歩いてたら40分ぐらいの道のりが3時間くらいかかりました。


冬に一歩後退したかのような風の強い一日でしたが、淀川の河川沿いもなかなかの寒さ。


ビル街から抜けてくると、路地の中に突風が流れてくるようなことは無いので、風は意外と穏やかでした。
しかしこの時間帯の河川敷はランニングしている人が異様に多いです。
犬の散歩が2割、スポーツウェアが7割、その他1割って感じです。
意識が高い人が多いなー。


歩いて考え事をしていると頭がすっきりします。
じっとしてると思考があっちこっち行くので、僕は頭を整理する時間がいる時は動いた方がいいみたいです。


あと今回は道中で穴場的な個人経営のハンバーガー屋さんを発見しました。
また行こう。


ではでは。




散歩! 

今日は夕方から夜にかけて往復2時間ほどの道のりを散歩してきました。


普段自転車を使うことが多い僕ですが、今日は訳あって徒歩での移動。
けれども久しぶりの散歩はなにやら新鮮で楽しく、歩道の脇に植わっている草花なんかにも目が惹かれて、いつも通っている道でも別世界でした。


ビルの陰に隠れたマンションのベランダにタオルケットが干されてたりするのが見えるだけでも、人の生活感を感じたり。
路地に入って行ってみたい飲み屋さんやバーなんかもいくつか見けました。


つまりは・・・景色を観る余裕がある移動はめっちゃ楽しいことを発見しました。
電車にもバスにも、混んでさえいなければそれができるのに、自転車にはそれができないのが難点。
人里離れた車も通らない場所なら別ですが。


帰りは少し道をそれた淀川沿いをずーっと歩いて帰りました。
これもこれで物思いにふけりながら歩けるので散歩にはもってこい。


時間に余裕をつくって、こういう生活ができるようになりたいなぁ。
実際なかなか難しいことだけども。


あと、写真撮るの忘れました。
良い旅だったのに怠けブロガーなのでこういうところの機転の利かなさが悔やまれます(笑)


次回は何か撮りたいな。
ではでは。

ウェルカムボード! 

K3410010.jpg
お久しぶりです。
先日15年来の友達の結婚式がありました!
僕は新郎の友人側で出席しました。


こいつは昔から何かと予想外な行動をする奴だったけど、なんと結婚式当日に大阪の地面を揺るがす程の強者。
そんな彼とは僕のもう一つのライフワークであるソフトテニスで中学校1年の時からダブルスのペアとして一緒に練習に励み、
高校では学校は違えど同じくソフトテニス部同士で交流したり練習したりするまさにソフトテニスの絆で結ばれた友!


という訳で、インドア派体育会系部員だった僕が腕をふるって描きましたウェルカムボード!
ウェルカムボードとは結婚式場の入口に飾る、ゲストを迎える似顔絵やアートのことです。
初めての経験で苦戦もしたけど楽しかった!


久しぶりにコピックで彩色しました。
水彩より断然早く塗れるのでこの画材ちょっと見直すと同時に複雑な気分でした。
薄塗りから濃い色にに重ねていくステップが大幅に省略できますもんね。
また機会があればこういう作品にも携わりたいです。


とにかく式は彼の青春の記録を色んなかたちで網羅した楽しく暖かな式でした。
自分は周りにほぼ知り合いがいなかったのでそれもそれで苦戦しましたが(笑)


自分もいつか描かれる側になりたい・・・とは思いつつもとにかく一人の数少ない僕の親しい友人の大きな門出に立ち会えてよかった。
お嫁さんはこれまた若くして自らカフェを立ち上げ経営する強者!(だからティーポットとカップを持っています)
次は赤ちゃんが生まれたときにお祝いかな~!お幸せにな!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。