takashimaの創作ごと

絵のことや日々のこと、あれこれ綴ります 《http://astro-grid.net/》

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

『黄昏の疾走』 

司令官42-6-9 (45)ブログ用

お久しぶりです。昨年以来となりますが、新しいイラストと解説の記事をアップします。


とにかくいろんな要素を盛り込み、できることをまとめてぶっ込みたい欲が出てしまったので、今回の絵は結果的に無駄な要素も多くなってしまいました。

なので今回は、大幅にカットされた背景への未練を供養するための記事でもあります。

テンションだけを頼りにしたスタートした絵は、楽しいけど大変です(わかってたことだろ・・・)。




作品の解説を少ししますと、男女は元傭兵と妖精。

男性は、敵城に単身乗り込もうとする戦士。妖精は、普段は手のひらサイズ。戦闘時は人間大となって共に戦うこともできる、という設定。


男性キャラは、吉田鋼太郎さんのような無骨でかつスタイリッシュないでたちが格好いいなと思って、参考にしました。というか自然とそうなりました。
時代劇での姿もいいですが、吉田鋼太郎さんにはきっと西洋甲冑も似合うはず・・・!(´≝◞⊖◟≝`)


女性キャラはいつものキリっとした感じですが、流行を取り入れようと、前髪をパッツンにしたり、口紅の色を少し強めにしたりしてみました。が、あんまり見えませんな。


隠れてしまった背景の空は、ブラシで青空と雲を描き、上からテクスチャを重ねることによって夕暮れの雰囲気や昔の絵画のような質感を出しました。


また違う機会で、有効に活用したいと思います 三( -_-)

司令官42-6-9 (19)背景の空
司令官42-6-9 (43)背景のみ2ブログ用2
司令官42-6-9 (43)背景のみ2ブログ用


----------------------------------------------------------------------------------------------------


話は変わり、最近ランニングを始めました。
ウィンドブレーカー姿で走る近所のランナーに憧れて、ウェアも購入。
したのですが・・・、開始早々ひざを痛めてしまい、早くも休止状態。

近くの河川敷を、音楽聴きながらまた走りたいなー。
早く治して再開したいです。

いろいろ趣味の幅を広げていきたい今日この頃です。


追記:作品タイトルを『夕暮れの咆哮』から『黄昏の疾走』に変更しました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。